沖縄風の音楽を作りました。フリー音源として配布しています。

ニコニ・コモンズ 
DOVA-SYNDROME

沖縄の音楽は日本の曲の中でも独特なペンタトニックスケールを使っていますね!メジャースケールの二番目と六番目の音を抜くいわゆる二六抜き音階というやつです。

沖縄の楽器といえば三線ですね。


三線について

弦は三本

三味線と同じで、どちらも絹性の弦を使います。違うのはボディで三線はニシキヘビの皮を使いますが、三味線はなんと猫や犬の皮…

弦にはそれぞれ名前がついており一番太い弦が男弦(ウージル)真ん中が中弦(ナカジル)一番細い弦が女弦(ミージル)と呼ばれます。


調子

調弦(ちんだみという)三味線も三線も同じ調弦です。

本調子はCFC(ド、ファ、ド)数字で言うと1、4、オクターブ上の1
二上がりがCGC(ド、ソ、ド)数字で言うと1、5、オクターブ上の1
三下りがCFB♭(ド、ファ、シ♭)数字で言うと1、4、7♭

この弦の音程を保ったままキーを上げ下げします。今回はB♭E♭B♭の本調子で作っていますね~ハイ…すいません完全に後付設定です。

バチではなく 指に爪をはめて弾く

知らなかった…三味線のしゃもじみたいなバチじゃないんですね~大きい爪をはめます。これが三線の音自体を変えるみたい…


おわりに

三線の音源を持っていないので今回は代わりにEAST WEST LAに入っている三味線を使っていますが記事を書いている際に三線音源を見つけましたので紹介します。

VERSUS AUDIO VS SANSHIN


https://versusaudio.com/?product=vs_sanshin

ほんとに何でも音源がありますね…三味線音源も同じメーカーから出ています。

VERSUS AUDIO VS SHAMISEN

https://versusaudio.com/?product=vs_shamisen

比べてみると三味線のほうが明るくきらびやかな感じ、バチで弾くから音が明るくなるんでしょうね。

では!