Phaleneのblog

自作曲の公開、それに伴って使用した音源や調べた情報を書いていきます。

オーディオストックにて 音源販売中↓
https://audiostock.jp/account/15465/audio_list

フリーBGMも作っています。
ニコニ・コモンズ
http://commons.nicovideo.jp/user/4051197
DOVA-SYNDROME
http://dova-s.jp/_contents/author/profile265.html

カテゴリ: 音源

ずいぶん前にUVIのGypsy jazzyという音源を買ったんですが
買った人いるんかってくらい情報がないので大雑把にレビュー。

まずは参考曲にフリーで上げているのものを張ります。アコギ、アコーディオン、ピチカートのバイオリン、ウッドベース、クラリネットなどなど、これが一番使ってますね。

Vinylバージョン


音質

空気感あるざらざらした音で好きな感じです。
Vinylサウンドも良い。レコードの年式、回転数が選べたりします。

楽器

この音源メインがオーディオ素材です。楽器もあるんですが、以下の点でおまけ要素みたいなもんだと思ってます。

ループのリズムがとんでもなく走る

これはこれは…そのままではほぼ使い物にならないくらい走ります。
コード押さえるだけで自動でバッキングしてくれるのにもったいないです。

ソロ楽器が不自由

ソロ楽器はバイオリン、クラリネット、アコーディオン、ウッドベース、がありますが。
かなり規制が多い…ウッドベースは高域は出ない、アコーディオンも音域が狭く…バイオリンやクラリネットに関してはなんと普通に演奏してるものがないです。
ということで基本フィルに使うような感じです。

その他

ドラッグ&ドロップで取り出したオーディオデータにエラーが起きる

これは何なんですかね…Studio oneの方の問題?MIDIから一度バウンスしたオーディオデータなら大丈夫なんですが…

おわりに

使い方によってはこういうのとかができます。

ずんちゃずんちゃと裏で鳴らすギターですね。かなり限定的ですがw

セールで5000円ちょいだったので、サンプルパック+αとしてみればまぁいいか…といった感じです。
ただ原価で買うなら…正直なところお勧めできませんね…汗

エレクトロスウィングでよく聞く素材が入ってるので、欲しい方はセールを待ちましょう!

UVIGypsy Jazzy製品ページ

https://www.uvi.net/jp/music-genres/gypsy-jazzy.html

フリーBGM Radiobeat公開しました。

Studio Oneで作った曲を公開するのは初めてです。

ダウンロードはこちら↓

ニコニ・コモンズ
DOVA‐SYNDROME

曲について補足

Studio oneのオーディオ処理能力を活かした曲を作ろうとおもって作った曲です。Halione4のドラムループをあさっていたらラジオチックな加工をされたループを見つけたんで、そこからアイデアを膨らませていきました。突発的に作った曲なのでタイトルは…ッつ…こういう曲にタイトル付けるのって難しい…

メインのベースはPresonusのMai Taiのプリセット。付属音源なのに音が太く音質がいい。ワブルベースなどはReaktor5のRAZORを使っています。加算合成方式のシンセで変わっていますが、出音がいい!見やすくわかりやすい!真ん中でぐにゃぐにゃしてて気持ちいい!←?

※音が鳴ります


おわりに

DOVA‐SYNDROMEではStudio oneでかき出したデータがエラーになり登録できないことを知りました。メタデータが悪さするっぽいですね。無しで書き出せないかサポートに問い合わせ中です。

年末ということもあってか伸び率が高い。ダウンロードありがとうございます!
EDMなどのエレクトロ系は需要ありそうですね…今後もいろいろ作っていきます。

では!

どうもPhaleneです。

みなさん曲にリバース音って使ってますか? 

この曲なんかはピアノのリバース音を使ったりしてるんですが、独特な浮遊感が出ますよね?

今までリバースシンバル以外ほとんど使うことはなかったんですが、どのようなものをリバースさせれば効果的か考えてみます。

リズムをリバース

まずよくあるのが、ドラムなどのリズム隊を逆再生させる事。自分でパターンを作るもよし、ループ素材を使うもよし。

大体面白い効果が得られるので非常に使い勝手がよく、気軽に取り入れられるのが魅力。 盛り上がり前のブレイク、曲中のシーケンサ的な使い方など何でもいけそう

フィルインでは途中を逆再生、みたいな事をしても面白いです。

フレーズをつくる

ピアノなんかはポーンと単音でも効果的ですが、フレーズを弾くとより不思議な雰囲気に…。

ポストロックなんかに合いそうですね。


アンサンブル全体をリバース

楽器、フレーズ、ハーモニーが完成されているので雰囲気がすごく出ます。

オーディオストックで販売しているジングルの一部分をリバースしてみました。

元ネタ

リバース

なかなかいい感じ。個人的にはジャズのホーンセクションのリバースが好きです。エレクトロスウィングの影響がありますね~クラリネットの音色が好きなのかもしれません。

おわりに

音の増減(アタック、リリース)の変化で効果を得るため オルガンなどディケイが長く音量が変わらないまま鳴る音にはほとんど効果がなかったです。
同じような理由でテクニカルすぎるフレーズとは相性が悪そう。シンプルなもののほうがわりかし合う印象です。

リバースした音源にエフェクトを掛けるとさらに効果的ですが、こっからはアイデア勝負ですね。
個人的にいいなと思っているのがREAKTORに入っているPrism FX。リズムにかけることで真価を発揮、ドラムループをリードやパッドみたいにすることもできます!ただ、いじる時はエキサイターにあるFB(フィードバック)に気を付けないとフィードバック音による爆音が発生します(汗)

最後にOutputからリバース音に特化した音源が出ているので紹介。

Output REV

Output REV公式
https://output.com/products/rev

あぁ全部入りバンドルいいなぁ…


今までの記事にも何度か出ているFriedlander Violin。

ネットに結構レビュー記事がありますが、皆が手間がかかると口を揃える音源です。今回は、紹介がてら前からやりたかったフィドル的打ち込みをしてみます。

ジングルほど短いですがデモを作りました。

MiDi入力

リアルタイムで入力後クオンタイズをかけました。入力を行う際は下の画像で赤く囲ってあるパラメーターを情け容赦なく上げおくことを推奨、レガートのスピードを上げられます。デフォルトのままだとクリックを鳴らした瞬間、軽い絶望感を味わうことに…

BlogPaint

リズムの調節

さて、この音源一番の問題…リズムの調節です。

注意すべきなのは二つ。

重なった部分がレガートする(アタックが遅くなる)

MIDIデータの重なっている部分がレガートします。

こいつがもたりの原因で、レガートのサンプル分だけ発音が後ろに下がってしまいます。MIDIノートを少し前にずらして対処しましょう。
ストリングスの音源ではよく聞くテクニックですが、この音源では必須です。

データの切れ目は次の音のアタックが早くなる

逆にフレーズが途切れた次の音だけ走ってしまうので注意。

この二つの仕様は打ち込み手を苦しめること間違いない…

フィドル打ち込みに役立ちそうな機能

・リトリガー

一音目を入力している状態なら二音目を離すと一音目がもう一度なりますよっと…言葉では表現しづらい…
BlogPaint

画像では下のノートが伸びっぱなしの状態で二つ目のノートが入力されています。

この二つ目のノートがなりやんだ瞬間一音目がもう一度なりますよってことです。フィドルではプリングするフレーズが多いのでオンにしておきますが、ぶっちゃけ普通に打ち込んでもそこまで変わりません。

・ポリモード

レガートモードでは和音は出せないので、重音をするときはポリモードにします。キースイッチで切り替え可能。

その他機能

・ビブラート

アイリッシュフィドルにはあまり必要なさそうなので使いませんでしたが、モジュレーションホイールで掛けられます。種類がありスピードも変更可。

・スルポンなど

スルポン←スル・ポンティチェロの略です。スル・タストもあり弓を弾く位置を変えることができますが、使っていない(使いどころがわからない)です。

奏法はピチカート、スタッカート、トレモロがキースイッチに割れ当てられています。CC(コントロールチェンジ)をいじったらスピッカートまでできるらしいですが、見当たらないしやり方がわからん…。

・二つ目のレガート

デフォルトとキースイッチを押して発動するレガートの二種類があります。キースイッチを押したものはレガートのつながりがより滑らかになり、音色も結構変わりますね。

おわりに

Youtubeでフィドルを弾いているところを見て勉強してるんですが、あまりに超絶技巧なものはきついです。同音の高速フレーズとか無理…

フィドルでつかうオートメーションはエクスプレッションぐらいですが、それも曲の終わりぐらいでいいと思います。ただバイオリンとして使うときはめちゃくちゃオートメーション描いたりしてせわしない音源です。


すっかり寒くなりました。一か月前まで半袖でいられるくらい暑かったのに…

ハロウィンが終わって次はクリスマスが大きいイベント事。自分も前回購入したトイピアノ音源などでそれ用にいろいろ作っています。

イベントや季節ごとに使う楽器も大体決まってきますよね~シャンシャンと鈴が鳴ればクリスマスだ!みたいな。

すごい洗脳されてる感じ…

季節ごとに楽器構成を変えてみる事は作曲している人ならやっているとは思いますが、冬に合いそうだと思う楽器を音源紹介しながらあげてみます。

スレイベル

ド定番、サンタクロースが街にやってきます。自分はEAST WEST QLSO Goldのパーカッションに入っているものを使っています。

EAST WEST QUANTUM LEAP Synphonic Orchestra
http://www.soundsonline.com/symphonic-orchestra

ハンドベル

これも定番、ベル一つに一音、それを何個も用意して順番に振りメロディーやコードを奏でます。

音源は持っていないのですが、せかうさ。こと世界のすみっこでうさぎは空を眺める。さんで売ってますね。GUIがノスタルジックで良い…。

世界のすみっこでうさぎは空を眺める。
https://www.sekai-usagi.com/wr-toy-handbell

ピアノ

オルゴールのように弾くといい感じ、単音でポーンと弾くと氷が響くようにも鳴る。

自分はNative Instruments Konpleate 9 Ultimate(現行商品は11Ultimate)に入っているAlicia Keysをよく使います。ペダル音やマイクノイズなどかなりいじれるんですが、ノイズがキツすぎるとオーディオストックの審査で落とされるので注意。←落とされた

Native Instruments Alicia Keys
https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/keys/alicias-keys/

アコースティックギター

ぬくもりを出すのに最適。持っているのはReal Guiter3(現行がReal Guitar5)ですね、あとはEAST WEST Gypsyのスパニッシュギターなんかも使っています。EAST WESTの音源は空気感が好きなんですが、ノイズもばっちり入ってます。これも気を付けないと落とされます←落とrya

Music Lab Real Guiter5
http://www.musiclab.com/products/realguitar/info.html

EAST WEST Gypsy
http://www.soundsonline.com/gypsy

オモチャ

トイグロッケン・シュピール、トイシロフォン、トイピアノなど、オモチャ系はクリスマスがあるので。トイピアノは前回書いたAudio thingsのトイピアノ、シロフォンとグロッケンはKONTAKTのオーケストラタブのパーカッションに入っているものをよく使います。

UVIからオモチャの音源バンドルがでてるのでそれがいちばんいいかも。高いですが…

UVI Complete Toy Museum | オフィシャルトレーラー

UVI Complete Toyy Museum
https://www.uvi.net/jp/musical-toys/complete-toy-museum.html

グラスハープ

氷のイメージ。氷の洞窟。これも前回書いたAudio thingsの音源がいいかんじ。

Future bassで合いそうなパッド扱いもできるのでUjicoさんみたいなKawaii系作りたい人にはおすすめです。

ボーカル、コーラス

楽器じゃないですが、クリスマスの讃美歌やゴスペルなどからイメージできます。

冬がどうとかじゃないですが、ボーカル音源はOutputのEXHALLがおすすめ。

EXHALE by Output

Out Put EXHALL
https://output.com/products/exhale?gclid=Cj0KCQjwyvXPBRD-ARIsAIeQeoGM-uk09fWRYbCGozh2yLkPb2N-HtNOZT_8ZWIla7Y-tGbDOZuA4IoaAqDaEALw_wcB

ストリングス

どんな季節も行ける万能楽器軍。強い。

Embertoneのソロストリングスバンドルを買ったんですが結局EAST WESTに逃げていたり…(白目)使うときはつかいますけどね…

Embertone Solo Strings Bundle
http://www.embertone.com/instruments/issbundle.php

フルート

軽やかなので春のイメージですがロングトーンでハモらせるといい感じ。

ホルン

フルートと同じような理由。

オーケストラ系はEAST WESTやKONTAKTのオーケストラタブの中にあるものを使います。

KONTAKT5
https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/samplers/kontakt-5/

この辺のオケ楽器を想像するのはシガーロスの影響が大きいです。トランペット、トロンボーンなど大合奏

Sigur Rós Hoppípolla [Official Video]

おわりに

どうでしょう?もしかしたら大体なんでも合うんじゃないかと不安になってきました。

ただウクレレと三線は想像できませんかね…完全にリゾートなイメージです。沖縄いつか行きたいなぁ…

↑このページのトップヘ